良い処分法とは何か

自治体にお願い

お住まいの地域の自治体に処分をお願いするのは、一般的にゴミや粗大ゴミとして処分する、という事になります。
その場合、自治体のルールに基づいて仕訳をし、指定された日にゴミとして排出したり、粗大ゴミであれば回収の申し込みをすることになります。
また、人手があるのなら回収場所に自分たちで搬入することもできます。
ほとんどの部分を自分たちで行う事、公的なサービスであることから、料金は民間の回収業者よりもずっと安く済みます。
その手間をかける時間と労力、また、搬出する人手など、いろいろと調整が必要になりますが、いわゆる「ゴミとして処分する」という形であれば一番利用されているかもしれませんね。
ただし、自治体では回収できないものもあったり、確認することが多いので注意しましょう。

どれを選べばいいの?

不用品の処分について、どこにお願いするのが良いかは条件によって違ってきます。
少ない数の美品であればネットやリサイクルショップ、大量に片づけたいなら回収業者と、状況に応じて使い分けることが基本ですね。
また、自分にとって良い処分ができた、と考えるだけでなく、相手や環境にとっても良いことができたと思える処分方法を考えてみてはどうでしょうか。
お金が戻ってきた、手間がかからなかったなど、「良かった」と思えるポイントは人それぞれです。
「あの人に譲ってよかった」「この業者に依頼してよかった」と、合わせて思えることで、不用品処分の満足度はもっと高くなると思います。
不用品のその後をちょっと心にとめて、きれいに片づけができるといいですね。


この記事をシェアする